心の原因もバイアグラで改善

家具店で働くビルの話です。45歳で結婚してから22年目になります。結婚した当初からセックスは週に1回、良くて3回というペースでした。ビルによると、妻は普段セックスすることに興味を示さない、普段は抑えているのでしょう、そしてセックスが始まると激しくなるのだといいます。

 

「最悪なことに、4年前から勃起しにくくなって、してもすぐにダメになるのです。」
ビルはきっと歳のせいだろうと思いながらも医師に相談しました。医師はビルの話を聞き、検査をいくつかした。「それから医者は、あることを言いました。体の問題でなく、心の問題だと言われたのだ。その通りだと思いました。セックスする時になると、とても不安になる。どうしてもいろいろと頭で考えてしまうのだ」

 

医師はビルに、不安を克服するためにカウンセリングを受ける必要があるし、何なら妻と一緒に夫婦両方を受けた方がいいかもしれないといいました。それにバイアグラの商法線も書いてくれました。

 

「バイアグラは効いている」とビルは言います「勃起の硬さは依然と変わりませんが、長く持つようになりました。20分ぐらいです。それだけ持てばセックスをいくらか楽しんで射精するには十分です」

 

ビルはバイアグラの臨床試験で約10%の人に出た副作用を体験している。ビルは「正直いってちょっと怖いのです。」と言いながら、バイアグラを飲むと大抵顔がほてって真っ赤になるのだと説明してくれました。