バイアグラ副作用のシナリオ

バイアグラ副作用のシナリオ

アンギナの病歴がない男性が、バイアグラを服用して成功意を行い、アンギナ症状が初めて発現した、このような患者が救急病院に運ばれてくることが考えられます。

 

その場合、患者はまだ胸部の痛みがあり、そのために短期性の硝酸塩を投与される可能性があります。もしも担当の救急医が、硝酸塩とバイアグラの相互作用を知らないで、また、バイアグラのことを特に訪ねることもなければ、ニトログリセリンを舌下に投与するか、静脈注射することになり、結局、硝酸塩とバイアグラの相互作用が病院内で急に起こってしまいます。

 

これに似たシナリオで、バイアグラを服用して胸が痛くなった患者が119番に電話して、救護班員化、救急医がその電話に陀タ場合です。ある地方では救急病院に入院する前に救急医がその場で、あるいは救急車の中で短期性の硝酸塩を投与してよいことになっています。そうなると、同じく相互作用で容体が急激に悪化することが想定されます。

 

ファイザー社は特に詳しく研究しているわけではありませんが、気分をすっきりさせる吸引剤として硝酸塩が用いられることがあると思います。これらはよく性行為中に使用されておりますので、バイアグラを服用して性行為を始め、途中でこれらの吸引剤を用いるといったシナリオも考えられます。

 

バイアグラに関する医療関係者様への主な注意点は以上ですが、ファイザー社ではバイアグラが女性の間でも個人でこっそりとあるいは医師から適用外の処方箋をもらうことで、使用されていることを承知しています。

 

そのため、副作用のシナリオは男性に起こる可能性が高いことは確かだが、適用がいの使用が続けば女性にも起こる点を指摘しています。