40歳で勃起不全に悩んでいた人の話

アメリカ人の彼は、建設関係の労働者で40歳ですが、ずっと長い間勃起不全に悩んでいました。「勃起はするのだが、すぐにダメになってしまっていたのだ」10代のころはさほどでもなかったが、20代になると次第に問題が深刻になってきたようです。

 

「やがてコンドームを付ける前に萎えてしまうようになってしまったのだ」。彼は勃起不全にいいと言われている方法を自分でもいくつか試しました。

 

結果はいろいろで、ペニスリングを使うと「少し効果を感じることができた」が、植物からとれるヨヒンビンという薬は全く効果がなかったそうです。

 

そして、バイアグラのうわさを聞き、ついに医師に相談する決心をしました。自分自身でまだ若いと思っていたがこのままではいけないと感じ、バイアグラを試してみようと思ったそうです。

 

取材の時点で、バイアグラを4回試したといっていました。「間違いなく硬くなるし、射精するまで勃起が維持できる。そして、1時間後にまた勃起して、それも射精まで持ちました。彼女も喜んでいるし二人の関係も以前よりもよくなった」

 

彼はさらに検査を受けて勃起不全の原因を突き止めるつもりですが、それまではバイアグラを飲み続けていくといいます。「一生処方してくださいと医者にも頼んであるのだ」と彼は嬉しそうに言っています。